忍者ブログ
頑張る営業マンを応援したい
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

契約が取れないと嘆いてばかりいては成長しない


売り込みに行っている営業マンはその商品についてどれだけの知識があるか?


また、自分自身購入したいか?商品に愛情があるのか?




ただ契約をとりに訪問してるだけで商品は買ってはもらえない。

何故なら、販売する側が商品に対する熱意が伝わらないから・・




熱意が伝わらないのは自らの商品を知らないから

何が優れていてどこの機能が気に入って・・・

こんな説明は当然できません




ただ、パンフレットを広げて説明するのに感情は入らない。

自分自身会社で扱う商品を熟知して初めてお薦め品である。

自社で扱っている商品を知らないで販売していたら失礼ですよね。

PR
「高いなー。」と言われても怯まない


お客様の中には、心では 納得しワクワクし 思っていたより安いと思っていても

実際に金額の話になると値引きの駆け引きをしたがる人もいます。



怯んでしまったら負けです

金額の設定が言って変わるなら誰でも安く購入したいわけですから

どんどん値引き交渉に力を入れます






自信を持って金額の提示をする

そうでないと最初から購入しようと思っていたお客さんの気持ちは

グラついてしまい、営業マンは益々立場が弱くなってしまいます

営業ノウハウ

本当に満足して頂き、本当に良い商品を売っている会社は、継続します

 

なぜなら、その会社、商品のリピーターがいるからです

 

つまりはファンです




この会社のこの商品が好き!

 

ですから、自分のお客様にも


何度も購入してくれるファンができてこそトップセールスマンになれるのです。

 

契約がゴールではありません




営業ノウハウ


 

契約が取れない時には気分を変えて離れてみるのも必要


好調な時期もあれば不調な時期もあってあたり前です。


好調な時はそのまま波に乗って居れば良い。

しかし、不調な時に必死でもがいていても這い上がれない事の方が多い。


そんな時には波がおさまるまで待とう



不調な時期は何をやっても空回りしてしまいます。

またこのような時期に深く考えて居てもマイナス思考になりやすく

良い考えは浮かびません。




一時、その環境から離れてみる事がかえって早く不調な時期を

乗り越えられる事があるのです。



例えば、いつもはしない様な会社の雑用をやってみる。

いつもとは違う道を通ってみる



こんな些細な事がきっかけで物の見方や考え方に変化が出て

物事を前向きに捉えることができるなんて事もあります





波長が悪いときには自分で波長を変えるのです。

いつもと同じことを繰り返していては中々抜け出せないので気をつけましょう










 

商談の上で 一番してはならない事 







論理の矛盾、または飛躍など話の内容が一貫していない事

 

自分が何か伝えたい時は 一貫した理念であり哲学があるはずです。

 



基盤となる部分をしっかりと根付かせ それに基づいて構成していくと良いでしょう

 


理念が自分自身を助けてくれます

 




はっきりした基盤があれば、反対意見が出たとき 


「こうだから 人の為に役立つ」など迷う事なく意見を述べれます。

 



今の時代 適正も大事ですが やはり人間性を一番見られる時代です。

 論理的に話す事も大事ですが きちんとした理念を基に矛盾のない意見を述べましょう

<<< 前のページ 次のページ >>>
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/09 イッポ]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.